FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sanwaestate.blog.fc2.com/tb.php/9-3343c3ce

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

不動産業は書類産業.2

「官庁(役人)のせいで書類だらけになってしまった」と嘆いていても始まりません。
元はといえば、その番人である政治家を選挙で選んだのは自分達であるからです。

つまり、役立たずの住民代表を選んだ責任は私たちにあり、税金の召使い達の方が
政治家よりもずる賢いと言うことです。

結局、レベルの低い政治家を選んだ自分が悪いと言うことになります。

さらに、拍車をかけているのが、我々の代弁者であるはずの業界団体です。
官庁のご用団体として、官庁が決めたことを忠実かつスピーディに会員に通知して、
おまけに官庁の手足となって講習まで開くという大サービスをしています。

新法の制定や法改正の動きがあったときに、プロとしての意見を取りまとめて
不退転の決意で政治家に談判するのが、団体の仕事だと思うのですが。

えっ「それなら、おまえが団体の役員をやってみろ」ですか。そ、それは、本業が超多忙ですので
い、いずれ隠居後のボランティアということで。(・・・汗)


さて、懸案の書類の問題点の見つけ方ですが、ここでは個々の解説は図書館か書店などで
ご確認いただくこととし、あらゆる物件に共通することを中心に述べたいと思います。

1.まず、契約書は不要な部分は少ないので、すべて読み下す必要があります。
  分からないことは、不動産屋さんに聞くようにします。さらに説明と記載されていることが、
  異なるような場合は、要注意です。

2.次に重要事項説明書です。記載の無い部分が多く存在しますので、記載のない部分を鉛筆で×
  を入れ読みやすくします。やはり、契約書と同様で、記載のある部分と〇囲いがある部分はすべて
  読み下す必要があります。例えば建物付の売買でも、将来、建物を新築する場合を想定して、
  ご希望の建物が、建てられるかどうかを確認します。

3.重要事項説明書の記載で、別紙参照などとしてある場合は、添付資料の該当欄を確認する必要が
  あります。
  この場合もポイントはチェックのない部分に×を入れ探しやすくすることです。もし、冊子で渡されて
  チェックが入っていない場合は、不動産屋さんにチェックを入れてもらいましょう。

不動産屋さんは、商売で物件を取り扱っている「プロ」(のハズ)ですから、ご自分が得心できるまで
説明を求めましょう。説明を面倒がったり、できないようでしたら、殆ど危ない取引と言えます。

結論は、「納得できるまで記名・押印は控えましょう」です。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sanwaestate.blog.fc2.com/tb.php/9-3343c3ce

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

三和土地建物

Author:三和土地建物
愛知県西尾張地区にある不動産屋『三和土地建物』です。
不動産購入にあたっての知ッ得情報や賢いローンの組み方など、
さまざまな情報を公開していきます!
http://housegoo.jp/

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。