FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sanwaestate.blog.fc2.com/tb.php/4-413b400c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

不動産業は書類産業

最近、不動産業は書類産業かとつくづく思います。

私が不動産業界にデビューした頃は
契約書一枚以外に
お客様(買主様)にお渡しする書類は
1.物件説明書「B4紙1枚」
2.補足資料2~3枚(同サイズ)
3.描き写した公図が1枚、
4.建物の場合は点と線の間取図が1枚

・・・そんな程度でした。

それでも、お客様から「大変な調査、大変な仕事だね」と
労いのお言葉をいただいたものでした。

今考えれば、一般の人が不動産用語を目にする機会はほとんど無いばかりか、
自宅を求める戦中世代や団塊の世代が溢れていてたそんな時代。
「どの物件にしよう?!」なんて迷っていると
あ!っという間に売れてしてしまって住む場所に困る・・・なんてことも。
あのころは勢いで買うしかない時代だったんですよね。

ですから自然に営業的にも書類を見せて、それでオシマイ!
・・・的な部分もあったわけです。
そんな営業が多かった時代ですから
少~し丁寧に説明させていただけば、お客様からお世辞の1つも出ようと言うもの。
青二才でも教祖様扱いです・・・
鼻高々で生意気な24歳でしたねえ。

あれから、1/3世紀、業界の衰退に反比例して、
今や
1.契約書  A3紙3~4枚
2.重要事項説明書  A3紙5~6枚
3.補足資料 A3紙10枚以上 

と、綴じるのも一苦労の量になりました。

他の高額商品の場合ははどうでしょうか、
例えば自動車や宝石を買った場合、
不動産売買の様に市販の封筒に入りきらない程の契約書類がついてくるでしょうか?


一見、説明事項が増えたり細かくなったのでお客様保護の観点からすれば良くなった。
あるいは、物件の善し悪しの判断材料が増加した。
と思われがちですが、
項目が多すぎてポイントがズレてしまう事もあります。
後で問題に気づいても、書類に記載があれば後の祭りです。

ですので、お客様が契約を交わすときにこのあたりに気をつけていただけると
後々トラブルが少なくなるかと思います。

具体的な話は次の機会で!

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sanwaestate.blog.fc2.com/tb.php/4-413b400c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

三和土地建物

Author:三和土地建物
愛知県西尾張地区にある不動産屋『三和土地建物』です。
不動産購入にあたっての知ッ得情報や賢いローンの組み方など、
さまざまな情報を公開していきます!
http://housegoo.jp/

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。