FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sanwaestate.blog.fc2.com/tb.php/12-4aebf5a5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

契約書を法律で反故にする 拡張版

2回に渡って、借地・借家法の事を話しましたが、私自身、あまりの反響の多さに驚いています。
(本当は喜んでいます)ありがたいことに「よくぞ指摘をしてくれた」など、
おおむねご同調いただいた内容のご意見が大勢でした。
調子に乗って「次々に事例を繰り出そう」と心が逸りましたが、
少し無神経な話しをしたとも思いました。

それは、「生活に困窮していて家賃が遅れがち」と言う方から、
始めから家賃を踏み倒すつもりで室を借りる人はいないと思う。
やむをえない事情があって遅れていると思うから、
日本的な温情ある法律だ。と言うご意見もいただいたからです。

当然のことながら、人は「立場や視点が変われば、考え方も変わる」ことを思い知らされました。

しかし、残念ながら、私の今までの経験では家賃を2ヶ月以上滞納した方で、
自主的(催告なしで)に安い所に引っ越した人は1人もいません。
さらに、その中で最終的に全納できた人は半数に届きません。


そんな中、家賃保証会社の登場で、ようやく家主側に救いの光が射してきました。

家賃保証の制度は、借主が保証会社と家賃保証契約をしてから、
家主と賃貸借契約をして、借主が家賃を払えない場合は
保証会社が滞納した家賃を支払ってくれる仕組みです。

滞納した場合、借主は保証会社に金銭債務を負うことになります。
従って、この関係は借地・借家法の対象になりませんので、
保証会社は前回のように、かのお代官さまから
「少し待ってやれないか」
などと言われることもないわけです。

この制度は、正に「日本の政治は3流、行政は2流だけど、経済は1流」と言われるだけあって、
経済側から不公平な制度に光明を当ててくれたのです。


さて、落語の「長屋(借家)話し」が嫌いな人は少ないと思います。
このお話しは、変な法律がなかった江戸時代から戦前までは、そこかしこにありそうな、家主と
借主の人情噺だったからです。


それが、戦時下に兵隊さんの家族を守るために特殊な法律に変えられてしまったのです。
当然、戦争が終わったら元に戻すか時代にあったものに改正しなければならないのに、
集票と拝金に関係がないことは一切しない低俗な政治屋さんたちは、
70年近く見向きもしなかった反面、
近年、家賃保証が世に出たら早くも保証会社の集金のあり方を規制しなければならないと言い始めています。

これは本末転倒もはなはだしいことです。
居座りや踏み倒しのやり得を恐れて家賃保証を頼むのであって、
法律を公平なものに改正さえすれば、保証制度は衰退し、人情噺も戻ってこようというもの。
少なくとも、お互いに公平な立場でルール(契約)を守るようになれば、
相手に対する感謝の念も自然に湧いてくると思います。

最後に一言(本当に、この話題はこれで最後とします)
 日本では、国民の公平な契約を、法律が否定することは絶対にあってはならない




スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sanwaestate.blog.fc2.com/tb.php/12-4aebf5a5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

三和土地建物

Author:三和土地建物
愛知県西尾張地区にある不動産屋『三和土地建物』です。
不動産購入にあたっての知ッ得情報や賢いローンの組み方など、
さまざまな情報を公開していきます!
http://housegoo.jp/

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。