FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

契約書を法律で反故にする 拡張版

2回に渡って、借地・借家法の事を話しましたが、私自身、あまりの反響の多さに驚いています。(本当は喜んでいます)ありがたいことに「よくぞ指摘をしてくれた」など、おおむねご同調いただいた内容のご意見が大勢でした。調子に乗って「次々に事例を繰り出そう」と心が逸りましたが、少し無神経な話しをしたとも思いました。それは、「生活に困窮していて家賃が遅れがち」と言う方から、始めから家賃を踏み倒すつもりで室を借り...

契約書を法律で反故にする.2

以前、管理している賃貸マンションで、家賃の滞納癖がついている借主「A」がとうとう滞納2ヶ月目に入ってしまいました。当然、大家さんからは、3日と開けず「どうなっているんだ」と催促が来ます。Aは、電話ではいつも調子の良いことばかり言って、なかなか支払わない男なので、私は面談することに決め、Aが仕事から帰って来るのを見計らって平日の6時前頃に訪問しました。奥様の了解で室の中に入ると、Aは早くも豪華な応接...

不動産業は書類産業.2

「官庁(役人)のせいで書類だらけになってしまった」と嘆いていても始まりません。元はといえば、その番人である政治家を選挙で選んだのは自分達であるからです。つまり、役立たずの住民代表を選んだ責任は私たちにあり、税金の召使い達の方が政治家よりもずる賢いと言うことです。結局、レベルの低い政治家を選んだ自分が悪いと言うことになります。さらに、拍車をかけているのが、我々の代弁者であるはずの業界団体です。官庁の...

不動産業は書類産業

最近、不動産業は書類産業かとつくづく思います。私が不動産業界にデビューした頃は契約書一枚以外にお客様(買主様)にお渡しする書類は1.物件説明書「B4紙1枚」2.補足資料2~3枚(同サイズ)3.描き写した公図が1枚、4.建物の場合は点と線の間取図が1枚・・・そんな程度でした。それでも、お客様から「大変な調査、大変な仕事だね」と労いのお言葉をいただいたものでした。今考えれば、一般の人が不動産用語を目に...

Appendix

プロフィール

三和土地建物

Author:三和土地建物
愛知県西尾張地区にある不動産屋『三和土地建物』です。
不動産購入にあたっての知ッ得情報や賢いローンの組み方など、
さまざまな情報を公開していきます!
http://housegoo.jp/

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。